楽天スーパーポイントに交換可能なサイトを一覧で紹介!

楽天スーパーポイントに交換できるサイトはどれ?

楽天サービスを利用した際に貯めることができる楽天スーパーポイント

この楽天スーパーポイントは、現在様々なお店で利用することができて便利ですよね?

普段の買い物でも頻繁に利用しているという方も多いでしょう。

そのため、ポイントサイトで貯めたポイントを楽天スーパーポイントに交換したいという方もその分多くいるでしょう。

そこで、この記事では楽天スーパーポイントに交換できるポイントサイトについて説明していきます。

また、楽天スーパーポイントに似たものとして楽天Edyというものもあります。

楽天のサービスを利用している方の中でも、これらの違いがわからない方もいると思います。

そこで、これらの違いについても一緒に説明していきます。

楽天スーパーポイントについて!

まず、ここでは楽天スーパーポイントについての説明から行っていきます。

特に、楽天Edyと違いなどがわからない方も多くいると思うので、これらの違いについても詳しく説明していきます。

楽天スーパーポイントとは?

まずは、楽天スーパーポイントがどのようなものなのかをここで説明していきます。

簡単に説明すると、楽天スーパーポイントとは楽天サービス利用時に貯めたり利用したりできるポイントサービスのことです。

楽天市場など楽天のサービスを利用して買い物をするという方も多いでしょう。

そのような際に貯まるポイントが楽天スーパーポイントです。

dポイントやTポイントなどのポイントサービスと同じようなものだと考えてもらえれば大丈夫です。

また、最近では楽天だけでなくmobageなど様々なオンラインのサービスでも利用できるようになっており、楽天限定のサービスではなくなってきています

さらに、オンラインだけでなくマクドナルドなど実際の店舗でも使えるようになり徐々に使える幅が増えてきてもいます。

このように、楽天スーパーポイントは元々楽天利用時に使えるポイントサービスだったのですが、現在では多くのお店で利用できるサービスになっているのです。

ただ、この楽天スーパーポイントと似たようなサービスに楽天Edyというものがあります。

ポイントサイトでも交換先としてこの2つがありますが、違いがよくわかっていないという方も多くいるのではないでしょうか?

次は、この楽天スーパーポイントと楽天Edyの違いについて説明していきます。

楽天Edyとの違いは?

ここから、楽天Edyとの違いについて説明していきます。

先程、楽天スーパーポイントは楽天のサービスなどで利用できるポイントサービスだと説明しました。

それに対して、楽天Edyとはチャージをして使う電子マネーのことです。

楽天スーパーポイントがdポイントやTポイントであれば、楽天EdyはSuicaやWAONと似ています。

楽天Edyでは、プリペイド式であらかじめカードにお金をチャージして、支払いの時に利用するという仕組みになっています。

また、この楽天Edyも楽天のサービス以外にもセブンイレブンやヨドバシカメラなど実際の店舗でも利用することができます。

ちなみに、実際の利用できるお店の数でいうと楽天スーパーポイントより多くなっています

さらに、この楽天Edyでも利用時にポイントを貯められるのですが、そのポイントは楽天スーパーポイントとして貯められます。

また、楽天スーパーポイントと楽天Edyは別サービスではあるのですが、お互いにポイント交換をすることができます

つまり、楽天スーパーポイントを楽天Edyにしたり、楽天Edyを楽天スーパーポイントにしたりできるということです。

少しややこしいですが、別サービスになっていてもお互い連動しているため慣れてしまえば、とても便利なサービスと言えるでしょう。

長くなってしまったので改めてまとめると、

楽天スーパーポイント:dポイントなどと同じポイントサービス
楽天Edy:Suicaなどと同じプリペイドカード
ということです。

また、楽天スーパーポイント⇄楽天Edyと好きにポイントを移動できるということでした。

交換できるポイントサイト一覧

ここまでで、楽天スーパーポイントについては理解していただけたでしょうか?

そこで、ここからは楽天スーパーポイントに絞って交換可能なポイントサイトについて説明していきます。

交換可能なサイトを最低交換額などと一緒に表でまとめておきます。

ポイントサイト 交換可否 最低交換額 交換レート
ポイントタウン 20pt(1円分) 20pt=1円
moppy 500pt(500円分) 1pt=1円
げん玉 10pt=1円
ハピタス 300pt(300円分) 1pt=1円
お財布.com 1pt=1円
ちょびリッチ 2pt=1円
i2iポイント 10pt=1円
colleee 10pt=1円
すぐたま 2pt=1円
ポイントインカム 10pt=1円
ライフメディア 10pt=1円
ECナビ 10pt=1円
GetMoney 10pt=1円
チャンスイット 10pt=1円
Gポイント 1pt=1円

この表を見てもらえると、分かる通りポイントサイトで楽天スーパーポイントに交換できるサイトはあまり多くありません

ただ、先程の楽天Edyとの違いでも説明したように楽天Edyに交換した後で楽天スーパーポイントにポイントを移動させることもできます。

そこで、楽天Edyに交換できるサイトについても紹介していきます。

ポイントサイト 交換可否 最低交換額 手数料 交換レート
ポイントタウン 10,000pt(500円分) なし 20pt=1円
moppy 500pt(500円分) 52円 1pt=1円
げん玉 3000pt(300円分) 155円〜 10pt=1円
ハピタス 500pt(500円分) なし 1pt=1円
お財布.com 300pt(300円分) なし 1pt=1円
ちょびリッチ 1000pt(500円分) なし 2pt=1円
i2iポイント 5000pt(500円分) なし 10pt=1円
colleee 5000pt(500円分) なし 10pt=1円
すぐたま 1000pt(500円分) なし 2pt=1円
ポイントインカム 5000pt(500円分) 5000pt交換時のみ50円 10pt=1円
ライフメディア 500pt(500円分) なし 1pt=1円
ECナビ 10pt=1円
GetMoney 5000pt(500円分) なし 10pt=1円
チャンスイット 5000pt(500円分) なし 10pt=1円
Gポイント 100pt(100円分) 交換額の5%
交換後返金
1pt=1円

このように、楽天Edyであれば楽天スーパーポイントと違い多くのポイントサイトで交換先として用意されています

もし、楽天スーパーポイントがほしいけど楽天スーパーポイントが交換先にない場合は、この楽天Edyから交換するのもいいのではないでしょうか?

まとめ

この記事では、楽天スーパーポイントに交換できるポイントサイトについて説明してきました。

前章で紹介したように、楽天スーパーポイントに交換できるサイトはあまりありませんでした。

そのため、楽天スーパーポイントに交換したい場合は楽天Edy経由で行うというのがいいかもしれません。

とはいえ、楽天Edyを持っていないという方やいちいち交換が面倒だという方はポイントタウン、moppy、ハピタスなどのサイトを利用するといいでしょう。

これらのサイトはどれもおすすめのサイトなので、ぜひ自分にあったものを利用してみてください。

特に、ポイントタウンはおすすめのサイトですし、楽天スーパーポイントへの交換は1円単位で行うことができます

他にこのような細かい金額で交換できるサイトはありません。

楽天スーパーポイントを貯めたいという方は、よかったら使ってみてください。

さらに、これ以外にも楽天自身が運営しているRebatesというポイントサイトもあります。

最後にこのRebatesについても補足として紹介していきます。

補足〜楽天運営の「Rebates」について〜

先程も書いたように、楽天自身もポイントサイトを運営しています。

そのポイントサイトがRebatesです。

このRebatesは、他のポイントサイトとは違い特殊な点が多いのでここで補足として紹介していきます。

このRebatesの基本的な使い方としては、他のポイントサイトと同じでネット上でサービスを利用した際にポイントが貯まるということです。

ただ、違う点としてはこのRebatesはアメリカのキャッシュバックサイトのEbatesが元になっています。

そのため、他のポイントサイトにない海外のショップなども多く用意されています

これを聞くととてもいいポイントサイトのように聞こえますよね?

ただ、その分大きなデメリットもあります。

それは貯めたポイントを楽天スーパーポイントにしか交換できないということです。

他のポイントサイトであれば、様々なギフト券や現金など多くのものに交換することができます。

ただ、このRebaatesは楽天のサービスを利用している人しか使うことができなくて、さらにポイントも楽天スーパーポイントにしか交換ができません。

そのため、当サイトでもあまりおすすめはしていません。

しかし、楽天スーパーポイントを頻繁に利用する方にとってはとても便利なサイトです。

貯めたポイントは自動的に楽天スーパーポイントに交換されてそのまま利用することができます。

そのため、楽天スーパーポイントをポイントサイトで貯めたいのであれば、このRebatesを利用してみるのはとてもおすすめできます。