ポイントサイトで別人名義のクレジットカード発行でポイントは付く?

別人名義のクレジットカードでもポイントは付く?

ポイントサイト経由でクレジットカードを発行しようと考えている方も多いでしょう。

ポイントサイトの中でもクレジットカードの発行は特に稼ぐことができます。

また、家族の誰かがクレジットカードを発行する場合に自分のポイントサイトを経由してもらおうと考えている方もいるでしょう。

ただ、この時自分名義でないクレジットカードなので正しくポイントが付くのか不安ですよね?

そこで、この記事ではポイントサイトで別人名義のクレジットカードを発行した場合でもポイントがつくのかについて説明していきます。

ポイントサイトのカード発行案件について

まずは、ポイントサイトに掲載されているカード発行の案件について改めて説明していきます。

ポイントサイトには、様々な広告が掲載されておりその広告を利用して商品を購入したりするとポイントをもらうことができます。

これらの広告の中には、高額案件と言われている多くのポイントがもらえる案件があります。

その高額案件の一つがクレジットカードなどのカード発行です。

クレジットカードを1枚発行すると、1万円以上のポイントをもらえる場合もあります。

また、このカード発行の案件はカードを発行するだけなのでお金もかからずに利用することができます

年会費などについても無料のものや2年目からしか発生しないものなどもあるため基本的に無料で利用することができます。

FX用の口座開設などカード発行以上にポイントのもらえる案件もありますが、それらは入金後に取引が必要になるなど結果としてあまり稼げないということも多くなってしまいます。

そのため、ポイントサイトで最も効率的に稼げる案件はカード発行といってもいいでしょう。

クレジットカードは別人名義でも大丈夫!

では、ここからはこの記事の本題でもあるクレジットカードの発行はポイントサイトに登録した人と別人名義でも問題ないのかについて説明していきます。

結論から言うと、別人名義でも基本的には問題ありません

そもそもポイントサイトに登録する際に本名を聞かれることも少ないです。

そのため、ポイントサイトとしては発行されたクレジットカードが本人の名義なのか別人の名義なのかを確認することはできません。

実際に調べてみると、自分以外の名義のクレジットカードを発行したけどポイントをもらうことができたという方もいます。

しかし、実際にはポイントサイトを家族などで共有して利用することは禁止されていることが多いです。

そのため、自分のポイントサイトを使って別人名義のクレジットカードを発行するということも多くの場合は禁止されています。

また、ポイントを現金に変えるときなどに銀行の情報入力などで本名などの情報がバレてしまう恐れもあります。

あまりないですがもしバレてしまうと利用規約に違反していることになるため、最悪の場合アカウント停止になってしまいます。

そのため、家族などであってもポイントサイトで別人名義であってもクレジットカードの発行をしようと考えている方は、その人のポイントサイトアカウントを作成して発行することをおすすめします。

特に、最初にも説明したとおりクレジットカード発行でもらえるポイントは多くなっています。

このポイントを名義がちがうというだけで失うのは非常にもったいないです。

ポイントサイトへの登録も1分程度でできるので、確実にポイントをもらうためにも新しく登録することをおすすめします。

まとめ

この記事では、ポイントサイトで別人名義のクレジットカードを発行してもポイントが付くのかについて説明してきました。

先程も説明したように、銀行情報の入力以外で本名などを入力することは少ないので基本的にはポイントをもらうことができます。

ただ、多くのポイントサイトでは複数人でアカウントを購入するということは禁止されており、基本的に1人1つのアカウントを作るようになっています。

また、別人名義のクレジットカードの発行でポイントがもらえるとは言っても100%というわけではありません

もし、何かしらの原因で別人名義だとバレてポイントがつかなければ1万円分のポイントを失ってしまうことにもなります。

ポイントサイトへの登録は1分あれば、終わってしまうものばかりです。

クレジットカード発行での1万円を確実に手に入れるためにも、新しいアカウントを使ってでも本人のアカウントから本人名義のクレジットカードを発行することをおすすめします。

また、その他にもカード発行する際には注意点があります。

その注意点については別の記事で紹介しているのでそちらで確認してみてください。
カード発行時の注意点