ポイントサイトのカード発行で稼ぐ!注意点も!

カード発行で簡単にポイントサイトで1万円

ポイントサイトで特に多くの金額が稼げる案件といえば、クレジットなどのカード発行です。

カード発行は1円もかからないにもかかわらず、1枚発行するだけで1万円以上稼げてしまう場合もあります。

しかし、このポイントサイトでのカード発行には注意点もあります。

そこで、この記事ではポイントサイトでカード発行をした場合どの程度稼げるのかやどのような注意点があるのかについて説明していきます。

ポイントサイトで1万円以上稼げてしまう!?

まずはポイントサイトでカード発行をした際にどの程度儲けることができるのかについて紹介していきます。

冒頭でも説明しましたが、ポイントサイトでは1枚のカード発行で1万円以上儲けることができてしまいます。

実際にポイントサイトmoppyでカード発行の案件を見てみると、以下のように1万円以上の案件が複数ありました。

ポイントサイトに掲載されているカード1

ポイントサイトに掲載されているカード2

ポイントサイトに掲載されているカード3

ポイントサイトに掲載されているカード4

ポイントサイトに掲載されているカード5

この5枚を発行するだけで7万760円分のポイントを稼げてしまいます。

もちろん、1枚のカード発行で数千円の案件も多数あるのでそれらも発行していくと10万円は軽く超えてしまいます

この記事を書いている現在(2018年11月)にmoppyには73枚ものカードが掲載されていたので、案件に困ることもないでしょう。

このようにカード発行の案件は一回のもらえるポイントが多いだけでなく、案件数も多いので、うまく使うことでとても多くの金額が稼げてしまいます。

しかし、これだけポイントがもらえるということは注意すべき点も多くあります。

そこで、ここからカード発行をする際に注意すべき点について詳しく説明していきます。

カード発行の際に気をつけること

まずは、ポイントサイト経由でカードを発行する前に確認しておきたい注意点の説明をしていきます。

ここでの注意点は以下の4つです。

  • ポイント獲得条件の確認
  • カード獲得条件の確認
  • カード情報は調べておく
  • まとめて発行しない

では、ここから詳しく見ていきましょう。

ポイント獲得条件の確認

ポイントサイトの案件には、それぞれ以下のようにポイント獲得条件があります。

ポイントサイトでカード発行する際のポイント獲得条件

特に、カード発行は1枚につき1万円以上獲得できるチャンスでもあるので、条件を確認していなくて手順などを間違えてしまうとその1万円を失うことになってしまいます。

上の画像の場合を例に出すと、以前ダイナース提携カードを発行していたことを見落としていてダイナースクラブカードを発行してしまうなどが考えられます。

この場合は、本来もらえる23,760円分のポイントが0になってしまいます。

これでは大きな損になってしまうので他の案件以上に条件の確認を丁寧に行いましょう。

カード情報は調べておく

次に紹介するカード発行時の注意点は「カード情報は調べておく」ということです。

ポイントを目当てに発行する場合でもしばらくはそのカードを持っておく必要があります。

また、どうせカードを発行するのであれば使えるもののほうがいいでしょう。

そのため、発行するカードが自分に必要なカードなのかについては確認しておくようにしまそう。

確認した際に全く使わなそうであれば、ポイントがもらえはしても無駄なカードが増えてしまうことになるのでそのカードの発行はもう一度検討したほうがいいでしょう。

また、カードによっては年会費などがかかる場合もあります。

ポイントを貯めるためにカード発行をしたのに、お金がかかっては意味がありません。

そのため、お金がかからないのか、かかるのであればいつの時点で発生するのかを確認するようにしましょう。

まとめて発行しない

3つ目に紹介するカード発行時の注意点は「まとめて発行しない」ということです。

カードをまとめて発行してしまうと、ポイントサイト側にポイントのためだけに発行したと思われてしまう可能性があります。

最悪の場合は、ポイントが没収された上に強制退会になってしまう可能性もあります。

このようなことを防ぐためにもポイントサイトでのカード発行は月に1枚ずつなど期間をおいてするようにしましょう。

不要なキャッシング枠はつけない

最後に紹介するカード発行の注意点は「不要なキャッシング枠はつけない」ということです。

クレジットカードにはキャッシング枠というものがあります。

基本的にこのキャッシング枠は条件にない限りはつけないようにしましょう。

キャッシング枠をつけるということは、いつでもカードを使い借り入れできるのでいいようにも感じます。

しかし、車や家などでローンを組む際にこのキャッシング枠があるとすでに借り入れしているとみなされローンが組みにくくなってしまう可能性があります

さらに、カード情報が漏れて不正利用されてしまう可能性もあります

これらのリスクを防ぐためにも必要のない機能はなるべくつけないようにしましょう。

発行後の注意点

ここまででカード発行時の注意点を説明してきました。

ただ、注意点はこれだけではなく、カード発行後にも注意点があります。

ここからはその注意点について説明していきます。

支払いの遅延や未決済をしない

まず、1つ目に紹介するカード発行後の注意点は「支払いの遅延や未決済をしない」ということです。

当たり前ですが、ポイント目当てでクレジットカードを発行した場合でもクレジットカードの支払い期日が来れば支払いをしなければなりません。

もちろん、そのクレジットカードを使わなければ決済は関係ないのですが、もし使ってしまった場合は注意しましょう。

普段使っているものでないため、支払いを忘れていたとなってしまう可能性もあります。

また、クレジットカードによって支払日も違うのでそれにも注意しましょう。

もし、支払いが遅れたり支払わなかったりしたら、信用が失われてしまい別のカード発行時やローンを組む際に不利になってしまうので必ず支払うようにしましょう。

使わないのに保有し続けない

次に紹介する注意点は「使わないのに保有し続けない」ということです。

ポイントサイトでポイントを多くもらうために多くのカードを発行するという方もいるでしょう。

先程も少し説明しましたが、クレジットカードであれば使わなければお金は発生しないので基本的に保有し続けても問題はありません。

しかし、何かの拍子に情報が流出してしまったりする可能性も0ではありません

また、2年目から年会費がかかるというカードなども存在しています

そのため、ポイントももらいカードを使わないという状態にあるのであれば、早めに解約しておくようにしましょう。

まとめ〜ポイント目的で発行する際は注意する〜

この記事ではポイントサイトでカードを発行して稼ぐことについて説明してきました。

最後に改めて注意点をまとめておきます。

<カード発行時の注意点>

  • ポイント獲得条件の確認
  • カード獲得条件の確認
  • カード情報は調べておく
  • まとめて発行しない

<カード発行後の注意点>

  • 支払いの遅延や未決済をしない
  • 使わないのに保有し続けない

このように、ポイントサイト経由でカードを発行して稼ぐという場合には多くの注意点があります。

少し面倒にも思えますが、これらに注意して正しくカード発行を行えば何万円も短時間で稼げてしまいます。

ポイントサイトを使いカード発行で多く稼ぎたいと考えている方は、きちんと確認して安全にポイントを貯めていきましょう。