げん玉でのポイント交換・換金の仕組みまとめ

げん玉ポイント交換!仕組みについて徹底解説

この記事では、げん玉のポイント交換について説明していきます。

げん玉といえば、登録者数が1000万人を超える超人気ポイントサイトです。

とても豊富なコンテンツがあり、使いやすくなっています。

ただ、ポイント交換に関しては少しわかりにくくなっています

そこで、この記事ではげん玉で貯めたポイントを交換する方法や仕組みについて説明していきます。

げん玉での交換方法解説

まず、ここではげん玉でのポイント交換の方法について紹介していきます。

げん玉でのポイント交換の仕組みは、基本的に他のポイントサイトと同じなのですが交換ページが少しわかりにくくなっています

以下の画像はげん玉の交換ページの一部ですが、以下のようになっています。

げん玉の交換ページ
げん玉の交換ページ

これを見てみると、げん玉のはずなのに「REALWORLD交換」と書いてあるなど気になる点はありますが、交換ページとしては普通ですね。

交換先も豊富で便利そうに見えます。

ただ、実際にはそうではありません。

実は、げん玉の交換先としてあるのは以下の6つだけしかありません

  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード
  • Google Playギフトコード
  • RealPay
  • .money
  • PeX

だったら、この画像のように相手ある交換先は何なんだ!と思う方もいると思います。

RealPayの交換先

こちらは、RealPayの交換先になっています。

こちらに交換するためにはRealPayというポイント交換サイトに登録して、げん玉からこのRealPayにポイント交換した際に利用できる交換先となっています。

また、「JAPAN AIRLINES」「dポイント」「ドコモ口座」も掲載されていますが、これは.moneyというポイント交換サイトからの交換先となっています。

これだけ見ると、少しわかりにくいですよね?

なぜ、このようになっているのかについてここから説明していきます。

簡単に言うと、げん玉からRealPayへのポイント交換を推奨しているからです。

げん玉やRealPayはどちらも株式会社リアルワールドの中で運営されているサービスとなっています。
※げん玉はリアルワールドの子会社株式会社リアルXで運営

そのため、げん玉からのポイント交換も同じ会社で運営しているRealPayで行うとお得になっています。

なので、ここではRealPayを全面に押し出した形になっているのです。

現金や電子マネー、商品券など様々なものに交換できるように感じるのですが、完全に別のサービスということですね。

わかりにくいので、げん玉の交換先は先程紹介した以下6つの交換先が用意されていると覚えておく方が簡単なのでそう思っておいてください。

  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード
  • Google Playギフトコード
  • RealPay
  • .money
  • PeX

RealPayとは?(PointExchangeから変更)

次は、げん玉でもおすすめしているRealPayについて紹介していきます。

このRealPayは元々PointExchangeというサービスだったのですが、2019年1月28日にリニューアルされました。

先程も簡単に説明しましたが、このRealPayはポイント交換サイトと言われるものです。

簡単に説明するとこのポイント交換サイトとは、ポイントを交換することを目的としたサイトのことです。

様々なポイントサイトを利用していると、複数のポイントサイトなどからポイントを集めたり、それらをまとめて交換することができます。

また、交換を目的としているのでポイントサイトに比べて交換先が豊富に用意されています。

ポイント交換サイトについてはこのぐらいにして、ここからはRealPayの特徴について説明していきます。

交換手数料が高い
まず、紹介するRealPayの特徴は手数料についてです。

RealPayでは、ポイント交換時の手数料は少し高めになっています。

先程の画像で⇄の隣にあるのが手数料です。
※10リアル=1円です

これを見てもらえるとわかるのですが、ほとんどの交換に手数料がかかってしまいます。

Amazonギフト券などはほとんどポイントサイトでも手数料がかからないにもかかわらず、RealPayで交換すると手数料がかかってしまいます。

ポイント交換サイトの中には、.moneyなど完全手数料無料のサイトもあるので、それを考えると使いにくいように感じてしまいます。

げん玉との併用でお得に交換
次に紹介する特徴はげん玉との併用についてです。

先程、げん玉とRealPayの運営先は同じであると紹介しました。

そのため、RealPayとげん玉を併用することによってお得に使うことができるのです。

その内容はというと、手数料が月に一度無料になるということです。

1つ目の特徴でRealPayは手数料が高いと書きました。

ただ、げん玉からRealPayへポイントを交換すると月に1度手数料無料券がもらえます。

それを使うことで、RealPayの高い手数料も無料にできます。

また、月に一度と少なく感じるかもしれませんが、そんなに頻繁に交換することもないと思います。

毎月まとめて現金にするなどしていれば問題ないので、これで十分だと思います。

このように、RealPayの手数料は少し高いのですが、げん玉と一緒に使うことでそれをカバーすることができます。

RealPayを利用する場合は、げん玉も一緒に利用してみてください。

まとめ〜おすすめの交換先は?〜

この記事では、げん玉でのポイント交換について紹介してきました。

冒頭でも紹介したように、げん玉の紹介ページは少しわかりにくい表記になっている部分があります。

そのため、交換先は以下の6つと覚えておくようにしましょう。

  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード
  • Google Playギフトコード
  • RealPay
  • .money
  • PeX

また、この中でげん玉と同じ運営者が運営しているRealPayについても紹介してきました。

このRealPayはげん玉と一緒に使うことで手数料が抑えられるということでしたね。

では、これら6つの中でどの交換先が最もおすすめなのかについて、ここで紹介していきます。

結論から言うと、私がおすすめしているのはPeXです。

その理由は、交換するだけで2%増量するキャンペーンを行っているからです。

2%増量するということは、1000ptを交換すると1020pt、5000ptを交換すると5100ptになるということです。

PeXへの交換について

これは嬉しいですよね。

ただ、交換するだけでポイントを増やすことができます。

また、このPeXというのもRealPayと同じポイント交換サイトなので、そこから様々なものに交換することもできます。

このPeXについて気になる方は別の記事で紹介しているので、そちらを確認してみてください。
ポイント交換サイトPeXの特徴

げん玉と併用するとお得になるのでRealPayもいいようにも感じますが、手数料無料であれば.moneyがあるのであまりおすすめはできません。

また、AmazonやiTunesなどのギフト券などもいいと思います。

げん玉をあまり使っていなくて、たまに少額を交換するだけならわざわざポイント交換サイトに登録する必要もないと思うので、これらのギフト券に交換するのでもいいでしょう。

ただ、他のポイントサイトも使っている方やげん玉で多くの金額稼いでいる方などはPeXなどポイント交換サイトを使うと、ポイとを増やすことにもつながるのでぜひ検討してみてください。