副業として記事作成をしてお小遣い稼ぎ!

記事作成を副業に!Webライターで稼ぐ!

副業として、記事作成のバイトをしようと考えている方もいるかと思います。

記事作成は在宅ですることができ、技術的なことなども必要ないので副業として行うのにはとてもおすすめできます。

そこで、この記事では記事作成の仕事の内容やどのようにして記事作成を始めるのかなどについて簡単に説明していきます。

記事作成の仕事内容!

まずは、記事作成の仕事内容について説明していきます。

記事作成とは、その名の通り記事を作成するという仕事なのですが、その各記事にも以下のようにいくつかあります。

  • アンケートへの回答
  • 自分の経験について
  • 情報サイトの記事

など大まかに上げるとこのような記事を作成していきます。

アンケートや自分の経験を書くというのは、商品の感想や口コミなどに利用されることが多いです。

ただ、情報サイトの記事と聞いてもわからない方がいると思うので、これに関して簡単に説明していきます。

皆さん調べ物などをする時に、まずネットで検索するという方は多いと思います。

その際にGoogleなどでの検索結果として様々なサイトを見ることができ、そこで自分の知りたい情報について無料で知ることができます。

これらのサイトを情報サイトといい、この情報サイトは自分たちの商品を売るためや広告収入を得るためなど様々な目的で作られています。

これらのサイトを作っている人にとっては多くの情報を発信すれば、多くの人に見てもらえ自分たちの商品の宣伝にも繋がります。

そのため、多くの記事を書く必要が出てきます

ただ、一人で書き続けるのは難しいため記事作成の仕事をしたいと考えている方に依頼をするということです。

このような依頼を受けて記事を作成するのが情報サイトの記事作成ということです。

記事を書いて稼ぐ流れ!

では、次に記事作成の仕事を行う流れについて紹介していきます。

記事作成を行うといってもまずは、その依頼を探さなければなりません。

そこで使うことができるのがライターサイトと言われるものです。

ライターサイトとは簡単に言うと、仕事を依頼したい人が仕事内容を掲載してライターがその中から好きな仕事を選ぶことができるというものです。

また、このような仕組みをクラウドソーシングといいます。

記事作成をする場合はまずこのライターサイトと言われるものに登録しましょう。

有名なサイトで言うと、以下のようなものがあります。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • シュフティ
  • Shinobiライティング

上の3つはライターサイトと言うよりは、様々な依頼が掲載されているクラウドソーシングのサービスで、その中に記事作成の依頼があるという形になっています。

また、最後に書いているShinobiライティングは記事作成メインのライターサイトとなっています。

それぞれで掲載されている依頼が異なるため、自分にあった依頼などが見つからなければ別のサイトで探すなどすると見つけやすくなります

このようなサイトで仕事を見つけたら、実際に依頼掲載者とサイト上でやり取りをしてどのように仕事を進めていくのかなどについて連絡を行います。

その後、実際に記事作成を行っていくという流れになっています。

また、依頼内容によって単発で1記事だけ書いてほしいというものもあれば、毎週3つずつ記事を書いてほしいなどというものまで様々あります。

さらに、記事の内容についても多くのものがあるため自分にあったものを見つけやすいでしょう

とりあえす、記事作成に興味のある方は無料で登録できるので先程のサイトに登録して依頼を見てみることをおすすめします。

経験を積んで収入アップも!

ここまでで、記事作成という仕事の内容や流れについては理解してもらえたと思います。

記事作成はとても気軽に始められる副業なのですが、記事作成を続けて工夫をしていくことでさらなる収入源とすることもできます

ここでは最後に記事作成での経験を活かして収入をアップさせる方法について紹介していきます。

経験を積んで単価アップ

まず、1つ目に紹介する方法は記事作成の単価をアップさせるということです。

記事作成の依頼は基本的に「1記事あたり○○円」「1文字あたり○円」という形で依頼を受けます。

また、サイト上でのやり取りを行いそこでお金について相談することも可能です。

この際に、初心者であれば基本的に安い値段で仕事を受けることになることが多いのですが、経験を積んでくると記事作成自体もうまくなってきます。

そうすると、単価の高い依頼を受けることもできるようになってきます

また、これまで書いた記事などを見てもらうなど、交渉もしやすくなるため高い金額で依頼を受けることも可能になります。

このように、記事作成で経験を積めば積むほど自分自身の文章力も上がり、それ次第では高い値段で記事を受けることもできるようになるということです。

専業ライター

2つ目の方法は先程と似ているのですが、専業ライターとして活動するということです。

先程は、記事作成を副業などとして行うというものでしたが、記事作成を本業として行っている方もいます。

そのような方を専業ライターといいます。

副業程度であれば、クラウドソーシングなどで仕事を見つけて行う程度ですが、専業ライターとなればきちんと契約して記事を提供したりクラウドソーシングなど以外からも依頼を受け付けたりもあります

このような場合は、副業で行っている方よりもいい値段で仕事を行うことができるようになります。

自分でサイトを運営

最後に紹介するのは自分自身でサイトを運営するという方法です。

先程、情報サイトの記事作成に関する説明をしたと思います。

記事作成であれば、サイト運営で得た収入の一部を受け取る形になります。

しかし、自分で記事を書き自分でサイトを運営売ればそこで得られた収入は全て自分のものにすることができます。

もちろん、そう簡単には行きませんが、最近では無料でサイトを作ることができるサービスなども多くあるため、誰でも簡単にサイト運営者になることができます。

そこに、アフィリエイトリンクを張ってあとは記事を書き続けるということをしているだけでもある程度の収入を見込むことができます。

そのため、記事作成だけでなくサイト運営についても興味があればこのような方法も考えてみてください。





おすすめポイントサイトランキング
1位 moppy
モッピー!お金がたまるポイントサイト
2位 ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
3位 げん玉