ポイントサイトのポイント有効期限比較一覧!

ポイント有効期限一覧!ポイントサイトを比較!

ポイントサイトには、それぞれポイントの有効期限というものがあります。

この有効期限を過ぎてしまうとポイントを失ってしまいます

もし、ポイントを溜め込んでまとめて交換しようと考えていた場合などはポイントを一気に失うという可能性もあります。

ただ、この有効期限について知らない方が多いのではないでしょうか?

そのため、ここでポイントサイトの有効期限についてまとめておきます。

ポイントサイト比較一覧!

まず、ここでポイントサイトの有効期限をまとめて紹介しておきます。

ポイントサイト ポイントの有効期限
moppy 最終ポイント獲得から180日間
ポイントタウン 最終ポイント獲得から1年間
げん玉 最終サービス利用から180日間
ハピタス 最終ログインから1年間
お財布.com 最終ログインから半年間
ちょびリッチ 最終ポイント獲得もしくは交換から1年間
i2iポイント 最終サービスの利用から1年間
colleee 最終サービス利用から6ヶ月間
すぐたま 最終ポイント獲得から180日間
ポイントインカム 最終サービス利用から180日間
ライフメディア 最終ポイント獲得もしくは交換から1年間
ECナビ 一定期間サービスを利用しなかった場合
GetMoney 最終ポイント獲得から6ヶ月間
チャンスイット 最終ポイント獲得から1年間
Gポイント 最終ポイント交換、獲得もしくは利用から1年間

このように、表を見てもらえると分かる通り有効期限は半年から1年といった感じになっています。

また、この有効期限の期間も「最終ログインから、、」「最終ポイント獲得から、、」などポイントサイトごとに異なります。

このように、期間などは似ているもののポイントサイトによって条件などが異なります

そのため、ポイントサイトの有効期限についてはいくつか注意点があります。

そのため、次の章で注意点について紹介していきます。

有効期限に関する注意点!

ここからポイントサイトの有効期限に関する注意点について紹介していきます。

ここで紹介する注意点は以下の2つです。

  • サイトごとに注意
  • 規約変更の可能性もある

では、ここから詳しく見ていきましょう。

サイトごとに違うので注意

まず、1つ目はサイトごとに有効期限が違うので注意が必要ということです。

前章でも紹介したようにサイトごとにポイントサイトの有効期限は全く異なります。

期間に関しては半年から1年間なので、全てのサイトが半年以上とでも覚えておけば問題ないでしょう。

また、この期間も「最終ログインから、、」「最終ポイント獲得から、、」と様々ありました。

こちらには特に注意が必要です。

「半年に1度ログインしておけばいいと思っていたけど、実はポイント交換やポイントの獲得が必要だった。」

このような勘違いをしてしまっているとポイントを失ってしまうことになってしまいます。

また、ECナビのように一定期間サービスの利用がない場合という曖昧な場合もあります。

ただ、これはポイントを消してしまうとクレームなどに繋がる可能性が高いので、個人的には基本的にポイント削除はないと思います。

しかし、そんな余裕に考えていてポイント削除されては意味がありません。

そのため、ポイントサイトの有効期限の特に、最後に何をしてからの期間7日については確認しておくようにしましょう。

サイトによって表現が異なることもあるので、気になる方はお問い合わせなどで確認してみるのもいいでしょう。

規約変更の可能性もある

2つ目に紹介する有効期限の注意点は規約変更についてです。

先程、紹介したポイントサイトの有効期限は「利用規約」というところに記載されています。

ただ、この利用規約は連絡などなく不定期で変更されることがあります

そのため、気づかないうちに規約が返納されて有効期限についても変わっていたという可能性もあります。

これは正直ほとんど変更されることはないのですが、このような可能性もあるということは覚えておきましょう。

このページの有効期限の表についてもなるべく最新のものを掲載しておこうと思うので、このページでまとめて確認するのに使ってみてください。

ここまで、ポイントサイトのポイント有効期限に関する注意点について紹介してきました。

ただ、こちらで紹介した注意点に関しては注意しろと言われても難しいことが多いですよね。

有効期限についてもいちいち覚えておくのは難しいですし、利用規約をいちいち確認するのも面倒です。

そこで、次はポイントを失わないための方法について紹介していきます。

ポイントを失わないために!

ここからは先程紹介した注意点をもとにポイントを失わないための方法について紹介していきます。

その方法というのは以下の2つです。

  • ログインなど月1回は行う
  • ポイントは溜めない

ここから詳しく見ていきましょう。

サービス利用を月1回は行う

まず、1つ目に紹介するポイントを失わない方法は定期的にサービスを利用するということです。

これは当たり前なのですが、ここで重要なのは毎月1日にサービス利用するなど決めておくということです。

簡単なゲームであれば、数十秒などで終えることができるので複数のポイントサイトを利用していてもすぐに終えることができます。

また、ログイン、サービスの利用、ポイントの獲得の全てを簡単なゲームであれば満たすことができます

さらに、毎月1日にすると決めておけば忘れることも少ないですし、何度か忘れることがあったとしても期間は半年なので問題ありません。

このように、いつ度のタイミングで必ずr葦陽するということを決めておきさえすれば、忘れることも少なくなりポイントを失わなくて住みます。

ポイントは溜め込まない

次に紹介するポイントを失わないための方法はポイントを溜め込まないということです。

上で紹介した方法で基本的にポイントを失うことを防ぐことはできます。

ただ、長い期間ポイントサイトの利用を忘れてしまう可能性もあります。

また、注意点で紹介したように利用規約が変更されてしまうということも可能性として捨てきれません。

そこで、大切になるのがポイントを溜め込まずにこまめに交換するということです。

ポイントがポイントサイトに残っていなければ、もしポイントの有効期限が切れたとしてもなくなるポイントが少なくてすみます。

そのため、何かのきっかけでポイントがなくなっても大丈夫なようになるべくポイントサイト内にポイントを溜め込まないようにこまめに交換するようにしましょう。

まとめ

この記事では、ポイントサイトのポイント有効期限について紹介してきました。

この有効期限について注意点などでも紹介しましたが、規約などが変更されてしまうとどうしようもなくなってしまうこともあります。

また、有効期限に関係なくポイントサイトの閉鎖などでポイントを移さなければならなくなったのに忘れていたなど他にもポイントを失う可能性は多くあります。

そのため、最後に紹介したこまめにポイント交換をするということが大切になってきます。

現金などに変えてしまえば、ポイントサイトで何が起ころうと問題はありません。

もちろん、こまめに交換すると手数料などがかかってしまいますが、それはポイント交換サイトなどを利用すれば対処することができます。
ポイント交換サイトとは?

そのため、なるべくポイントサイト内にポイントを残さないようにして、すぐに使える形に変えておくことをおすすめします。