dポイントに交換できるポイントサイト比較一覧!

ポイントサイトの中でdポイントに交換するなら?

NTTドコモの運営しているポイントサービスのdポイント。

ドコモの携帯を持っていない人でも気軽に利用でき現在多くのお店で利用することができます

ポイントサイトを利用している方の中には、このdポイントも同じく利用している方も多いことでしょう。

さらに、実店舗で気軽に使うことができるためポイントサイトで貯めたポイントをこのdポイントに交換したいという方もいることでしょう。

そこで、この記事ではポイントサイトで貯めたポイントをdポイントに交換する場合に最もお得なサイトについて紹介していきます。

dポイントとは?

まず、ここではdポイントについて簡単に説明していきます。

dポイントは先程も紹介したように、NTTドコモが運営しているポイントサービスです。

加盟店も多くマクドナルドやローソンなどの様々なお店で利用することが可能です。

また、TポイントやPontaなど昔からあるポイントサービスにも追いつくほどの勢いで加盟店が増え続けており、2020年までに加盟店を300社を目標としています。

このように、dポイントは今後も伸びていく可能性も高いため早めに利用し始めるということがおすすめのサービスです。

また、冒頭でも説明しましたがこのdポイントと当サイトで紹介しているポイントサイトは連携することができるようになっています。

そこで、次の章では本題でもあるポイントサイトの中でdポイントにポイントを交換することができるものについて紹介していきます。

ポイントサイト比較一覧!

では、ここからdポイントに交換することができるポイントサイトについて紹介していきます。

dポイントに交換することができるポイントサイトは以下の表のようになっています。

ポイントサイト 最低交換額 手数料 交換レート キャンペーン
ポイントタウン 2000pt(100円分) なし 20pt=1円
ライフメディア 500pt(500円分) なし 1pt=1円 期間限定2%還元
Gポイント 100G(100円分) なし 1G=1円
すぐたま 1500mile(750円分) なし 2mile=1円

このように、当サイトで紹介しているポイントサイトの中では4つのポイントサイトがdポイントに交換することができます。

また、最低交換額はサイトによって異なりますがどのサイトも手数料はかかりません

さらに、上の表にも書いてありますがライフメディアでは2%還元キャンペーンも行っています。

このキャンペーンはライフメディアから対象の商品にポイントを交換するとその一部がポイントとして再び返ってくるというキャンペーンです。

ライフメディアのキャンペーン

例えば、1000円分のポイントをdポイントに交換するとその2%である20円分のポイントが返ってくるということです。

こちらは3月末までのキャンペーンとなっているため、ライフメディアでポイントが貯まっている方はぜひ利用してみてください。

また、ライフメディアについてここで初めて知ったという方もいると思うので、最後にライフメディアについて簡単に説明しておきます。

ライフメディアの特徴

ここからは、dポイントに最もお得に交換することができるポイントサイトライフメディアについて紹介していきます。

まず、ライフメディアを利用するメリットについて紹介していきます。

ライフメディアを利用するメリット

ライフメディアを利用するメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 信頼性のある運営実績
  • iTunes Storeの還元率が多い

ここから一つ一つ紹介していきます。

信頼性のある運営実績
まず、1つ目に紹介するライフメディアを利用するメリットは運営実績についてです。

ライフメディアを運営している会社は株式会社ライフメディアというサイト名と同じ会社です。

この会社自体を知っている方は少ないと思いますが、この親会社はとても有名な会社です。

それは@niftyニュースなどで有名なニフティ株式会社です。

ニフティであれば聞いたことある方も多いのではないでしょうか?

このような大きな規模の会社が親会社としていると考えるとライフメディアも信頼できますよね。

また、ポイントサイトのライフメディア自体も1996年から20年以上運営されており、登録者数も300万人を超えています。

このような実績でも信頼性があるサイトですね。

iTunes Storeの還元率が多い
次に紹介するライフメディアを利用するメリットは還元率についてです。

ポイントサイトで稼ぐ方法として主流な方法としては、掲載されている広告を利用するという方法です。

この広告を利用する際に大切なのが還元率です。

この還元率とは、簡単に言うと広告を利用した際にもらえるポイントのことです。

ライフメディアの広告の中には、他のポイントサイトよりもこの還元率が高いものがいくつか含まれています。

その代表的なものがiTunes Storeです。

iPhoneの利用者であれば、アプリや音楽などを利用する際にiTunes Storeを利用するという方も多いと思います。

そのため、このiTunes Storeの還元率はその方にとってはとても重要になってきます。

ライフメディアではiTunes Storeの還元率は6%となっています。

つまり、1000円分iTunes Storeで使うと60円分のポイントを貰えるということです。

これはとても大きいですよね。

そのため、iTunes Storeを頻繁に利用する方であればライフメディアはとてもおすすめです。

ここまででライフメディアを利用するメリットについて紹介してきました。

次はライフメディアを利用するデメリットについて紹介していきます。

ライフメディアを利用するデメリット

ライフメディアを利用するデメリットとしては以下のようなものがあります。

  • メールが多く届く
  • ゲーム等は稼げない

では、ここからデメリットについても説明していきます。

メールが多く届く
まず、1つ目に紹介するライフメディアを利用するデメリットはメールについてです。

ポイントサイトでは、登録時にメールアドレスを登録する必要がありそこに宣伝などのメールが届きます。

このメールがライフメディアではこのメールが多く届きます。

アンケートの回答依頼のメールなどが特に多いのですが、合計で1日10件も届く場合もあります。

正直コレは邪魔ですよね。

ただ、これに関してはライフメディアのページ内で届かないように設定することもできます

そのため、ライフメディアを利用する際にはメールの設定を確認しておくことをおすすめします。

ゲーム等は稼げない
次に紹介するライフメディアを利用するデメリットはゲームについてです。

ポイントサイトには、それぞれ無料で遊ぶことのできるゲームがあります。

ポイントサイトによっては、このゲームで効率的に稼げる場合もあります。

ただ、ライフメディアではゲームはあるのですが、あまりポイントをもらうことはできません

そのため、ゲームをしながらコツコツ貯めたいという方はライフメディアはあまりおすすめではありません。

ライフメディアをを利用するメリット・デメリットについて紹介してきました。

ここで紹介したことを見て、ライフメディアを利用してみたいと思った方は信頼できるサイトでもあるので、ぜひ利用してみてください。

まとめ

この記事では、dポイントに交換することができるポイントサイトについて紹介してきました。

ポイントサイトごとに最低交換金額は違うものの、手数料などはどこも必要がないためどのポイントサイトでもあまり差はありませんでした。

ただ、3月末までであればライフメディアでポイント還元キャンペーンを行っているので、現在の状態ではライフメディアで交換するのがいいでしょう

他の交換先を利用する場合もそうですが、今回のライフメディアのようにキャンペーンのタイミングを狙ってまとめて交換するというのもおすすめできます。